外貨預金

外貨預金は銀行では沢山の種類が取り扱われています。

外貨定期預金の場合は1ヶ月、3ヶ月から1年まで預け入れ期間も多岐に渡ります。取り扱い通貨もアメリカドル、ユーロ、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドルと様々です。

外貨預金を運用する場合、まず、最初は円預金よりも高金利であることに注目する人は多いでしょう。運用期間が同じなら、円定期が0.3%そこそこなのに数倍以上の金利がある外貨はめずらしくないです。

しかし、気をつけなければならないのは円で外貨を購入する時、外貨で円を購入する時それぞれに手数料が掛かることです。まず手数料分の損をしないことを目指します。
基本的には外貨を買った時よりも「円安」にならないと元を取るのは難しいかもしれません。高金利分を差し引いてもです。

昨今は各国が血眼になって通貨安合戦を繰り広げていますが、果たしてこの先「円」はどうなるのかは不透明ですね。ユーロも酷いし、アメリカドルも酷いから、円も良くはないですけど直近は「円高」でしょう。

定期預金金利の高い銀行 > 外貨預金